現在、わが国における食料自給率は先進国で最も低く、飼料については穀物のほとんどを外国からの輸入に頼ってる状況です。そんな中、私たち田中飼料株式会社は自分たちにできる些細なことから地球と向き合っていくために飼料(餌)に注目しました。都市社会から生まれる動植物残さ類をブレンド、乾燥し長年の経験とノウハウによりそれまで「ごみ」と呼ばれてたものを命を育む飼料(餌)として市場に還元するのが私たちの使命だと考えております。

ISO9001:2008認証取得

回収した残渣を配合し、ホッパーに投入し撹拌します。

固形物を一定粒度に粉砕します。

ロータリーキルン(全長20メートルの回転ドラム)で、一定水分になるまで乾燥します。

乾燥した半製品を常温まで冷却します。

フルイにかけ検品し、粒度の大きい物は粉砕し再利用します。

半製品として貯蔵タンクに送ります。

 

製品を粉砕します。

フルイにかけ2ミリ以下にし、粒度の大きい物は粉砕し再利用します。

製品として貯蔵タンクに保管します。

用途別に計量します。

用途別に梱包します。

得意先に出荷します。